風が吹いてくる。

私が見て気になったものをピックアップします。

健康食品

ビフィズス菌の生菌をとるならベイビーフローラ!?

投稿日:

生きたビフィズス菌の生菌をとるなら楽天ショップで人気のベイビーフローラがいい!?

 

ここ数年、腸内フローラの大切さをよく耳にするようになりました。

私たちの腸内にはたくさんの細菌がいて顕微鏡で見るとまるでお花畑のようにきれいに見えるそうです。

そこから腸内フローラと呼ばれるようになったとか。

腸内菌でよく知られているのがビフィズス菌や乳酸菌ですね。

健康食品としてのビフィズス菌サプリや乳酸菌サプリも増えています。

ヨーグルトや飲むヨーグルトなども乳酸菌やビフィズス菌関連が多いですね。

乳酸菌もビフィズス菌も同じかなと思たら違うんですね。

腸の中には乳酸菌とビフィズス菌がいてビフィズス菌の方が圧倒的に多いのだそうです。

なのでビフィズス菌をとることが健康には大切なんですね。

でもビフィズス菌はとてもデリケートな菌なんだそうです。

胃酸や熱に弱く、酸素にも弱いということです。

そんなビフィズス菌を商品化するのはとても難しいそうです。

ビフィズス菌は生きた生菌をとる必要があるんですね。

そしてそれを可能にした商品が森永乳業が発売したベイビーフローラなんですね。

 

 

 

このベイビーフローラには100億個以上のヒト由来のビフィズス菌が配合されているそうです。

腸内フローラはバランスが大切だと言われていて、それを保つのが菌活なんですね。

正しい菌活の3原則というのがあります。

ビフィズス菌をとること。

そしてそれは生菌であること。

正しい食生活の中にベイビーフローラを取り入れること。

私も正しい食生活には大いに賛成です。

ある意味で食生活の乱れが腸内フローラのバランスを崩しているようにも感じます。

日本人には古来から日本人の体質に合った食生活食文化がありました。

体質の違う欧米人の食文化が入り込み、さらには食品添加物の乱用によっても腸内細菌の本来のバランスを失ってしまったようにも思います。

正しい食生活、日本人の体質に合った昔からの食文化を見直して、ベイビーフローラなどのビフィズス菌を活用すれば健康を守れるのではないかと思います。

 

-健康食品
-

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした